本サイトについて

本サイトは商標を身近に感じてもらうための、商標登録の解説サイトです。初心者の方にも分かりやすく、説明していますので、お気軽のお立ち寄りください。

商標登録のしくみ

商標登録のしくみ

商標登録は、文字や記号、ロゴ、キャラクターの絵を登録するものだと思っている方も多いでしょう。 確かに、その通りで、文字や記号などの商標を登録することを商標登録といいます。

ただ、商標登録については、文字や記号などの商標のみを登録すれば良いわけではありません。
商品や役務を指定して登録することが重要です。

実は、商標登録は、商品や役務ごとにされているのです。
商品や役務が違えば、同じ商標でも他人が登録することが可能です。

他人に商標を使用されないためには、ありとあらゆる商品や役務を指定して登録すればいいと考える方もいらっしゃるかもしれませんが、商標登録は区分の数によって料金が加算されてきますので、商品や役務の数が多いと出願費用や登録費用が高くなってしまう場合もあります。

あともう一つ、多くの商品や役務を指定して出願する場合のデメリットとしては、あまりに多くの商品や役務を指定していると、審査の段階で「使用意思表示書」の提示を求められる可能性があります。商標登録は、自己の業務に係る商品又は役務について使用する商標について登録を認めており(3条1項柱書)、明らかに使用予定のない商標に登録は認められません。審査の段階で、実際に使用するかどうかの疑義が生じた場合には、使用の証拠や事業計画書などの提出を求められます。

また、多くの商品や役務を指定して登録になった場合のデメリットとしては、登録後に継続して3年間、実際に使用していない商品や役務がある場合には、不使用取消審判でその商品や役務が取り消されてしまう可能性があるということです。

つまり明らかに使用する予定がない商品や役務については、必ずしも登録の必要がないということです。