本サイトについて

本サイトは商標を身近に感じてもらうための、商標登録の解説サイトです。初心者の方にも分かりやすく、説明していますので、お気軽のお立ち寄りください。

登録できない商標

登録できない商標

登録できない商標については、法律で定められています。

登録できるかできないかの判断は、特許庁の審査官によって審査されます。

例えは、商品やサービスの「普通名称」は、登録できない商標に該当します。
商品「トマト」について商標「とまと」として出願した場合には、
特許庁の審査官により、普通名称として拒絶理由が通知されます(3条1項1号)。

例えば、商品やサービスの「慣用名称」は、登録できない商標に該当します。
サービス「宿泊施設の提供」について商標「観光ホテル」として出願した場合には、
特許庁の審査官により、慣用名称として拒絶理由が通知されます(3条1項2号)。

例えば、商品やサービスについて記述的に記載された商標は、登録できない商標に該当します。
商品「時計」について商標「見やすい時計」として出願した場合には、
特許庁の審査官により、記述的商標として拒絶理由が通知されます(3条1項3号)。

例えば、ありふれた氏又は名称のみからなるものは、登録できない商標に該当します。
商標「山田」について出願した場合には、
特許庁の審査官により、ありふれた氏からなる商標として拒絶理由が通知されます(3条1項4号)。

例えば、極めて簡単で、かつ、ありふれたものは、登録できない商標に該当します。
商標「A」について出願した場合には、
特許庁の審査官により、極めて簡単でありふれた商標として拒絶理由が通知されます(3条1項5号)。

この他にも、識別力がない商標については、登録が認められません。

また、既に登録されている商標と同一又は類似の商標などについても、
4条1項11号の拒絶理由に該当するため、登録が認められません。